コーチングサービス、始めました!

【可能性が広がるコーチングとは】壁にぶつかったときに乗り越えるために

成長したいけど、自分ひとりでは何をすれば良いのか悩んでいませんか?

なにか壁にぶつかり、それを超えるためには何かきっかけが必要になりますよね。

筆者の私自身、「1人ではこれ以上何も変わらないな…」と感じた経験があります。

この悩みを解決するには、コーチングを受けることがオススメです。

そこでこの記事ではコーチングについて解説します。

また、コーチングを受けるメリットについても紹介します。

この記事を読むと、コーリングにより成長を感じられることがわかります。

壁にぶつかっていたり、成長を感じなくなったりしている方はぜひ最後まで読んでくださいね。

街角キャリア(大人)でもコーチングやってます!

一緒にネクストアクションを定め、フォローまでします!詳細はこちら

コーチングとは

コーチングとは、対象者の目標達成のために能力や可能性を最大限に引き出すコミュニケーション手法です。

このコーチングは今日、教育やビジネス、スポーツなどあらゆる分野で活用されています。

コーチングを受けると、以下のような効果が期待できます。

・目標が明確になる
・モチベーションが維持できる
・多面的な意見が持てる
・行動力が上がる
・自己肯定感が上がる

以上のように、コーチングを受けることによって自分の成長につながる効果が期待できます。

コーチングとティーチングの違い

ここで、よく間違えられることが多いのは、コーチングとティーチングの違いです。

コーチングとティーチングでは、コミュニケーション手法や関係性が異なります。

コーチングは対象者の自主性を重視しているため、あくまで対象者の答えを引き出すためのサポートに徹します。

この時、コーチングをする側とされる側の関係は、並走しているような対等な関係です。

対してティーチングは答えを教えることです。

この場合、教える側と教えられる側には上下関係が生まれますよね。

コーチングとティーチングには、このような違いが挙げられます。

こんな方にコーチングはおすすめ

コーチングは「今よりも良くなりたい」という思いから受ける方が多いです。

具体的には、

・仕事でいい成績を残したい
・やる気を出したい
・ダイエットに成功したい
・生活改善したい
・自分らしい行動をしたい

といったように、「自分に変化を起こしたい」と思っている方にはコーチングがオススメです。

逆に、

・今の暮らしで満足している
・コーチングを受けることに疑問を感じている
・誰かに意思決定してほしい

といった方にはコーチングは必要ないでしょう。

あくまで、コーチングには自分の意志が必要となりますから、いやいやコーチングを受けても意味がありません。 「今より少しでも変わりたい!」という思いがある方はコーチングを検討しましょう。

コーチングを受けるメリット3選!

コーチングを受けることには大きく3つのメリットがあります。

新たな可能性を見つけられる

コーチングを受けることによって、あなたのまだ見ぬ可能性を見つけることができます。

壁にぶつかる大きな要因として、「自分の伸びしろを感じなくなる」ということが挙げられますよね。

コーチングでは、対話を通して本人も気づいていないような内面の能力や可能性を見いだせます。

そのため、物事を多面的に考えられるようにもなります。

自分一人では分からない問題を解決できる

コーチングを受けることによって、自分1人では分からない問題を解決できるようになります。

例えば、あなたが「仕事を早く終わらせるようにする」という目標を持ったとします。

そして、この目標に向かって書籍やネットで仕事効率化のテクニックを調べ、実行します。

しかし、そのようなテクニックは必ずしもあなたに合っているものとは限りませんよね。

効率化のテクニックを覚えることに時間を使ってしまい、逆に残業時間が増えるなんてこともあるかもしれません。

コーチングを受けると、新しい視点を得ることができるため、こうした問題に対して自分がどう向き合うべきかに気づけます。

モチベーションを維持できる

コーチングは主体性が高まるため、モチベーションが維持できます。

人に言われたことをやるよりは、自分で決めたことをやるほうがモチベーションは高まりますよね。

コーチングでは何事にも自分で考えているように導かれるので、自然と自分で考えて選択しているという実感が持てます

コーチングのデメリット

コーチングにはデメリットはほとんどありません。

しかし、コーチングに対する間違った知識を持っていれば効果が現れなくなります。

コーチの力量が重要

まず、コーチがコーチングに対する知識を持っておらず未熟なスキルだった場合、混乱してしまうことがあります。

例えば、対象者が話している際にコーチがフォローしたい思いが出てしまい、対象者の考えを先に口にしてしまうことがあります。

この場合、対象者の主体性は高まりません。

コーチングには専門的なスキルが必要です。

コーチングを受ける際は、信頼できるコーチに依頼しましょう。

効果が出るまで時間が掛かる

コーチングは効果が出るまで時間がかかってしまいます。

継続的に取り組むことで、目標達成へ向かうことができ、成長が期待できます。

そのため、即効性を求めている方はコーチングを受けても焦ってしまうことがあります。

コーチングって何をするの?具体的なコーチングの受け方

コーチングは大きく分けて4つのステップを行います。

現状を知る

まずは傾聴してもらい、自分の現状を知ってもらう必要があります。

自分が現在どのくらいの仕事に熱量があり、どのくらいのスキルが有るのかを聴いてもらいます。

この時、具体的に知ってもらうため質問によってどんどん掘り下げてもらいます。

ゴールを明確にする

現状が確認できれば、次はゴールを明確にします。

このときも具体的にしてもらいます。

また、ゴールの先のことも明確にします。。

例えば、「ゴールして何を得れますか?」「ゴールして何を感じますか?」といった質問によって、自分の潜在的な欲求を出していきます。

障害について考える

次に、ゴールに向かっていく上でぶつかる障害や課題について考えます。

この障害や課題は自分が気づいていないことがあるため、重要となります。

行動計画の作成

最後に、現状・ゴール・障害を踏まえて今後の行動計画を作成します。

ゴールの期限や底に向かうために必要な行動を挙げていきます。 この4ステップを繰り返し行っていくことで自分の自信につながるでしょう

コーチングの受け方

コーチングを受けるためには、いくつか方法があります。

ここでは3つの方法を紹介します。

✓Check

・対面
・オンライン
・電話

オススメはやはり対面で行うコーチングですが、自分に合ったコーチングの受け方をすることが大切です。

対面で受ける

1つ目は、直接会って対面で行うコーチングです。

直接会うことで、コーチの雰囲気を感じ取ることができるので、信頼関係は築きやすいです。

ただ、直接話すことが苦手な方も多いでしょうし、何よりコロナ禍の時期に対面で会うことは避けたい方もいますよね。

そんな方は、オンラインや電話での方法を取りましょう。

オンラインで受ける

2つ目は、オンラインで行うコーチングです。

パソコンやスマートフォンなどによるネット環境さえあればどこでもコーチングを受けることができます。

画面越しになるため、対面よりはコーチの雰囲気が伝わりませんが、顔を見ることで安心感が生まれます。

電話で受ける

3つ目は、電話によるコーチングです。

電話だと、対面やオンラインよりも敷居が低く、手軽に受けられますよね。

ただ、声だけだとコーチの反応や表情を見ることはできません。

そのため、対面やオンラインに比べてコミュニケーションをとることは難しいでしょう。

まとめ

コーチングは自分自身を成長させることを目的にしたコーチとのコミュニケーションです。

コーチングを受けることで新たな自分の可能性やスキルに気づくことができます。

ぜひコーチングを受け、効果を実感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です