コーチングサービス、始めました!

20代資格なしでも転職はできる【未経験OK!】

このご時世…
・20代で資格がないけれど、転職できるのかな?
・実務経験が少ないけれど、20代で転職は可能?
・転職に有利で簡単に取得できる資格はあるのかな?

と疑問や悩みをかかえた人も多いでしょう。この記事では資格がない20代の転職や、面接で有利になる資格について紹介しています。

20代で転職を考えているのであれば、この記事を読み勉強しましょう。
きっとヒントが見つかるはずです。

20代【資格なし】でも転職は可能!

20代での転職は、資格がなくてもできます。

なぜなら20代では重視されるのは資格ではなく、あなたのポテンシャルだからです。して20代という若さから「活力」「成長」「将来性」に伸びしろがあると判断されるでしょう。

資格なしでも20代の転職は、さほど難しくありません。

それでは、資格なしでも転職できる理由やアピールポイントをみていきましょう。

転職活動における【資格の重要度】

「資格があると転職で役にたつ」と世間では思われがちですが、資格の種類は数多く存在し、全ての資格が役にたつとは限りません。

とはいえ、薬剤師や士業のように専門的な資格がないと就けない仕事ももちろんあります。しかし専門性の高い職種以外は資格ではなく、今までどんなことに情熱をかたむけ、その情熱や経験を今後にどのように活かしたいのかが重要です。

転職の面接では今まで培ってきた経験と情熱を、今後どう活かしたいのか熱く伝えましょう。

20代は【将来性】を秘めている

20代は若く社会人経験は少ないですが、悪いことではありません。
しろ社会人経験が少ないからこそ有利な点もあります。

・経験の少なさから過去のやり方に固執することなく、新しい業務に取りくむ柔軟性
・経験が浅いからこそ、どんなことにも挑戦する姿勢

など、20代には多くの可能性があり将来性を秘めています。言葉は悪くなりますが企業から見る20代は、扱いやすく育てやすい。若さは武器であり、資格よりも重視されるでしょう。

【20代転職】資格なしでもできる『アピールポイント2選』

資格がないから、アピールできないと思っていませんか?
20代は資格に頼らなくても、多くのアピールポイントがあります。

まずは、自分がアピールできるポイントを書きだし、自己分析しましょう。評価されやすいアピールポイントは探せばいくらでもあります。
今回は、特に評価されやすいアピールポイントを紹介。

・コミュニケーション能力
・挑戦意欲


資格がなく自分にはアピールするところがないと思っているのなら、まずは紹介した2つを強化しましょう。

アピールポイント①【コミュニケーション能力】

コミュニケーション能力は非常に有効なアピールポイントです。
資格や技術がなくても会話ができると、一つのスキルとして評価されます。

・同僚とのやりとり
・クライアントとのやりとり

など…
上記は一例で、コミュニケーションが活かされる場面は数多くあります。
スキルとして認識してもらえるよう積極的にコミュニケーションしましょう。

マジックワードになりがちな”コミュニケーション能力”

ただし、”コミュニケーション能力”はマジックワードにもなりがちです。マジックワードとは思考停止ワードとも呼ばれ「何か言っているようで具体性がない」言葉です。

言わずもがな「コミュニケーション」には様々なあり方があります。
友人や家族などのプライベートな人間関係ではなく、クライアントや仕事のパートナーとあなたはどんなコミュニケーションをとっていますか?
ここをしっかりと解像度をあげて言語化していくことがとても大切です。

コミュニケーションがうまくなる秘訣

コミュニケーションに重要なポイントは「聞く力」。

相手の話を聞くと、スムーズに会話ができるようになります。相手も話を聞いてくれている安心感から心を開くようになり、どんどん会話が進みます。

気軽に実践できる方法は“頷き”。相手の話に合わせてうんうん、とうなずいてみましょう。頷くと相手は自分の話を聞いてもらえているという感触を得ることができてどんどん心を開いてくれます。

コミュニケーションが苦手な人は、聞く力を鍛えて聞き上手になりましょう。
きっと、楽しい会話ができるはずです。

アピールポイント②【挑戦意欲】

転職で受ける会社に挑戦したい意思を積極的にアピールしましょう。

転職の面接時に情熱をアピールすると魅力的に見え、採用担当者の目をひきます。人の心を動かすのは情熱です。実務経験がなくても、大きな印象を与えることができます。

転職したい企業をみつけたら、まずはHPから情報収集しましょう。
選んだ企業で…

・自分がどう成長できるのか
・どんなことに挑戦できるのか
・今までの経験を、どのように活かせるのか

など、アピールポイントとして活かせる情報をピックアップし、挑戦したい気持ちを伝えましょう。就職のために勉強しているのであれば、なお良し。挑戦意欲が伝わるので、学んでいることをしっかりとアピールしましょう。

【20代資格なし】転職にむけて資格や検定に挑戦するならば?

これまで、資格がなくてもアピールする方法を紹介しました。

しかし、資格は転職で有効になることもあります。なぜなら、自ら挑戦し資格に関する知識を網羅しているからです。そして資格や検定は履歴書に記入できます。

採用担当者は必ず目をと通しているので、書面でもアピールが可能。
アピールポイントを増やしたいなら資格に挑戦しましょう。

ここからは、転職に役立つ資格を紹介していきます。

①資格に挑戦【まずはTOEICから!】

おすすめはTOEIC。

現代はグローバル化が進み、英語力は必要なスキルになりつつあります。今は英語を使っていない業種も、今後需要が高まるでしょう。

TOEICは英語力をスコアではかります。990点が最高値で英検一級に相当します。一般の企業が求めるスコアは600点以上。600点以下だと英語力が乏しいと判断されるでしょう。

まずは、600点以上を目指して勉強しましょう。転職で有利にはたらきます。

②資格に挑戦【実務的なスキルを証明する資格】

次におすすめしたい資格は、どの業界でも通用しやすい資格です。幅広い業界で実用性のある資格は転職時に有利にはたらきます。

実用性のある資格
・ファイナンシャルプランナー
・簿記
・MOS
・ITパスポート

ファイナンシャルプランナーや簿記は一見、難しそうに思うかもしれませんが、級によって段階的に難易度が異なります。級の数字が大きいほど難易度が低く取得しやすいです。

初級段階の合格率
・フィアナンシャルプランナー 3級 50%以上
・簿記 初級 50%以上

約、半分以上の人が合格しています。

転職時のアピールとして資格を利用するだけなら、難易度が低い資格を選んでもいいでしょう。取得が簡単でも挑戦した姿勢が評価されます。

③検定に挑戦【趣味を活かした検定】

趣味を活かした検定も面接時の武器になる!
やりこんできた趣味にも価値があり魅力が伝わります。

さらに、趣味を活かした検定を持っていると、より情熱が伝わり評価されるポイントになります。
転職時の面接はコミュニケーションが非常に重要。
会話がとまってしまうと雰囲気がギクシャクしてしまい、せっかくのアピールの場が台無しです。会話が苦手なら検定を取得しボキャブラリーを増やしてみましょう。

趣味から選ぶ検定の取得は、比較的難易度が低い。
・ヨガ検定
・フォトマスター検定
・ダイエット検定
・アロマテラピー検定

資格と同じように級によって難易度が異なります。初級段階の合格率は高く、正しく学べば取得は可能です。

趣味を活かした検定を武器に、会話を魅力的にしてみましょう。

まとめ

おさらいしましょう

・20代なら資格なしでも転職可能
・資格がないなら、会話力や挑戦意欲をアピールする
・資格や検定を取得してアピールポイントを魅力的にする

いかがでしたでしょうか。
転職は資格が重要視されるのではなく、あなたの情熱やポテンシャルが評価されます。

しかし資格や検定を取得することで、できる仕事の幅が広がり魅力的にアピールできます。資格や検定には簡単に取得できるものもたくさんあります。

自分磨きに挑戦して、アピールできるポイントを増やしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です