コーチングサービス、始めました!

中途採用・キャリア転職の面接で聞かれる質問No.1は?転職先別の質問を一挙公開

ポテンシャルや学歴を重視する新卒採用と違い、中途採用・キャリア転職では、即戦力や前職の実績が重視されます。

そのため、新卒採用と中途採用では質問の内容も異なるので注意が必要です。

今回は、中途採用・キャリア転職の面接で聞かれる質問をケース別に紹介します。

面接は採用試験の中でも合否を分ける重要な試験なので、事前にしっかり準備しましょう。

中途採用・キャリア転職の面接で聞かれる質問No.1は?

中途採用・キャリア転職の面接で必ず聞かれる質問は、「自己紹介または自己PRをしてください」です。

新卒の就職活動と全く同じではないか、と拍子抜けする方もおられるかもしれませんね。

しかし、自己紹介や自己PRを侮ってはいけません。

なぜなら、最初にされるこの質問で求職者の第一印象がほぼ決まってしまうからです。

誰でも答えられる質問だからこそ、疎かにせず他の求職者と差のつく自己紹介をしましょう。

とはいえ、いきなり自己紹介をしろと言われても、スラスラと答えられる人はなかなかいません。

まずは自分自身を見つめ直すために、自己分析をすることをおすすめします。

自己分析は、この後に解説する質問の回答にも役立ちます。

自己分析の方法については、以下の記事に詳しく書かれていますのでご覧ください。

【全求職者対象】中途採用・キャリア転職の面接で聞かれる質問3選!

中途採用・キャリア転職で最も聞かれる質問は、自己紹介であることがわかりました。

ここからは、転職の面接で聞かれる質問をケース毎に分けてご紹介します。

質問の後には、回答のポイントや事前に調べておきたい情報、回答例もまとめていますのでぜひ面接に役立ててください。

まずは、全求職者が聞かれるであろう質問を3つ厳選しましたので、ご紹介します。

✓Check

・当社を希望した理由は何ですか?
・前職の退職理由は何ですか?
・長所・短所について教えてください

それでは1つずつ見ていきます。

Q1:当社を希望した理由は何ですか?

転職活動をすると、1つの業種や職種に絞って企業を探しても、実に多くの企業が人材を募集していることがわかります。

企業はその中でなぜわが社を希望したのか、その理由と熱意を求職者に問いています。

この質問を的確に答えるためには、次のことを調べておきましょう。

・応募企業の社風や事業
・同業他社との違い

この2つを調べたうえで自分が入社したら、どんな強みを生かして何ができるのかを回答できれば、パーフェクトです。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/07/20_________________________________________________720-e1626230828729.jpg

営業スキルをさらに高め、実績も積みたいと考え、御社を志望いたしました。現職の営業チームでは、月間売上1位を3回達成しました。しかし、ノルマがチームごとということもあり、私自身がノルマを達成できてもチーム全体の実績にはつながらないことも多く、モチベーションを保ちにくいというのが現状です。

御社はチームワークも重視しつつ、インセンティブや成果主義によって個人のスキルアップも支援する制度が整えられていると伺いました。入社できたあかつきには、チーム全体で切磋琢磨しながら私自身の営業スキルにも磨きをかけ、売上に貢献したいと考えています。

引用:中途採用面接の流れ、マナー、必ず聞かれる質問・回答例|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

Q2:前職の退職理由は何ですか?

採用担当者は、この質問をすることで、求職者の協調性やストレス耐性キャリアプランをチェックしています。

たとえば、人間関係の悪化で前職を辞めてしまったとだけ回答したとします。

そうすると採用担当者は、求職者に何か問題があるのかと疑ってしまったり、入社後も同じ理由で辞めたりするのではないかと心配になったりします。

ネガティブな理由で辞めた場合は、その理由だけを述べるのではなく、

「そのことをきっかけに他の業界や企業にも目を向けられるようになり、御社に巡り合えるチャンスを得た」

など前向きに転職活動をしていることをアピールするといいでしょう。

ネガティブな理由からポジティブへのアピールが難しいと思う方は、「~を実現したいから辞めた」という理由で話しましょう。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/07/-e1634452344576.jpg

給与が上がらず、自分の成長や成果が実感できないことから転職を考えました。前職のアパレルショップでは5年間勤務しましたが、全く給与が上がりませんでした。店舗売上に貢献する成果を出しても収入には反映されず、「成果を出した」ということを実感しにくい環境だったのです。周囲の先輩社員も同じような境遇にあったため、モチベーションも上がりにくくなっていました。よって、成果が適切に評価されて収入につながるような企業に転職し、これまで培ってきた経験を活かして働きたいと考えています。

引用:面接対策ガイド~25個の質問とお手本/失敗回答・面接のマナーなど総まとめ~ |【エン転職】

Q3:長所・短所について教えてください

自分を客観的に見て長所や短所を話せる人は、採用担当者から「自分で考えて行動できる人」と評価されます。

仕事をする上で、指示されなければ動けないのは新卒社員と同じです。

企業が中途採用やキャリア転職の求職者に求めるのは、即戦力。

指示待ちの社員ではなく、会社に貢献してくれる人材になります。

この質問を採用担当者にされたのであれば、長所や短所を正直に答え、長所ならば、自分の強みをどうやって会社に活かせるか。

短所であれば、自分の弱みを克服するためにどんな努力をしてきたかを話すといいでしょう。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/03/unnamed-4-e1626229958901.jpg

私の長所は粘り強く最後まであきらめないことです。前職では、営業としてなかなか受注できない案件がありましたが、30回程お客さまを訪問し、最終的に大口の契約を取ることができました。短所は、仕事を背負いすぎてしまう部分があることです。つい自分でやろうとしてしまうのですが、今後は仲間と協力しながら、より速く正確に仕事を行っていきたいと思っております。

引用:自己PR【お手本回答&ありがち失敗例】面接中盤でよくある質問と回答例文 | 面接対策 – マイナビ転職

【キャリアアップ転職】面接で聞かれる質問2選!

キャリアアップ転職でよく聞かれる質問を2つ厳選しました。

✓Check

・マネジメント経験はありますか?
・キャリアプランはありますか?

それぞれの回答のポイントや事前に調べておくべき情報や知識について解説します。

Q1:マネジメント経験はありますか?

幹部候補などのキャリアップ転職の面接では、チームリーダーやマネージャーなどのマネジメント経験を問われます。

・メンバー数
・チームリーダーなどを実施した期間
・成果の数値化
・工夫したこと

これらのポイントを押さえながらマネジメント経験に対する回答をしていくといいでしょう。

求職者の中には、「具体的な役職についていないから、この質問は答えにくいな…」と思われている方もいるかもしれません。

しかし、20代後半であれば、役職がなくても後輩の指導やフォローをした経験はあるはずです。

後輩の指導やフォローをしたときに印象に残ったエピソードや工夫したこと、トラブルがあったときにどう対処したかを答えれば問題ありません。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/04/unnamed-7-e1634452875217.jpg

前職はあまり役職の階層が多くないフラットな職場だったため、マネジメントのみの管理職には就いておりませんでした。しかし、社員として動きながら後輩の育成には随時かかわっておりました。

具体的には営業時の初回訪問・提案・クロージングまでの流れを記載したマニュアル作成や、日々の進捗管理MTG、半期ごとの目標設定アドバイスなどを行いました。常に3人ほどの後輩育成を担当しておりましたが、新人10人中新人賞TOP3を私の後輩で占めることもあり、後輩のモチベーション維持やそれぞれの強みを引き出すサポートに貢献できたと思っております。


引用:30代半ば以降のキャリアアップ転職での質問 | 面接対策

Q2:キャリアプランはありますか?

キャリアアップ転職では、会社の将来を担う人材を求めます。

そのためにも、会社との相性は重要です。

採用担当者が面接でキャリアプランを問う理由は、求職者と企業のミスマッチを判断するためです。

求職者の夢や理想と会社のビジョンが似通っていれば、求職者も「ここならば自分のキャリアプランが実現できる」と前向きに働いてくれると期待できます。

キャリアプランを回答する際には、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

・具体的な内容であるか
・実現可能なキャリアプランであるか
・意欲や希望だけでなく実現に向かって行動しているか

キャリアプランと聞くと、「社長になる!」、「会社でNo,1の営業成績を1年以内に挙げる」など夢物語を語りがちです。

しかし、採用担当者が聞きたいのは、近い将来に実現可能な目標と具体的なプランになります。

採用担当者の意図を汲み取った回答をするよう心がけましょう。

また、キャリアプランは企業研究も必要になるので、すぐその場で答えられるような質問ではありません。

事前準備をしっかりと行い、採用担当者が納得するキャリアプランを考えましょう。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/03/unnamed-4-e1626229958901.jpg

現在のWEBデザイナーとしての経験を積んだ後は、留学経験と前職で培った英語力を生かし、海外向けゲームのWEBディレクターを目指したいです。

御社では今後ゲームのグローバル展開を考えていらっしゃると社長インタビューで拝見いたしました。現在展開されているゲームで英語対応しているものは15タイトル中2タイトルのみでしたので、将来ディレクターとして御社のグローバル事業推進に貢献していければと思っております。

デザイナー経験で得た制作側の目線を生かし、デザインの差で生み出される効果やゲームの基礎、海外ユーザーのツボを抑えたゲームのディレクションを行っていきたいです。

引用:自己PR【お手本回答&ありがち失敗例】面接中盤でよくある質問と回答例文 | 面接対策 – マイナビ転職

【キャリアチェンジ・未経験業種の転職】面接で聞かれる質問3選!

キャリアチェンジや未経験業種へ転職する場合、面接時に聞かれる質問を3つ厳選しました。

✓Check

・なぜこの業界を選びましたか?
・これまでの仕事を続けない理由はなんですか?
・仕事で大きな失敗をしたことはありますか?

それぞれの回答のポイントや事前に調べておくべき情報や知識について解説します。

Q1:なぜこの業界を選びましたか?

キャリアチェンジの転職をする場合に必ず聞かれる質問です。

採用担当者はこの質問で、求職者が興味本位や単なる憧れで自社を受けていないかを確認しています。

この質問への回答で押さえておきたいポイントは次の通りです。

・志望業界への理解度
・未経験業界への本気度

憧れや興味本位ではなく、しっかりとした意図を持ってこの業界を選んでいることを、業界知識を交えて回答するといいでしょう。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/07/20_________________________________________________720-e1626230828729.jpg

市場自体が今後も伸び続け、かつ新興企業が群雄割拠する業界ということで選びました。モバイルゲームはもはやカルチャーとして浸透しているにも関わらず、市場はeスポーツ人気の流れにのって3年で1.7倍と成長し、今後も成長が続く予測が出ています。さらにAI、VR、5Gなどの新しいテクノロジーの恩恵も受けて、描ける未来像も非常に面白いと感じています。実際に私自身がゲームに親しんできたということも理由の一つです。

モバイルゲーム事業を柱とする御社が今後、経営戦略のM&Aを進めるうえで、現職の金融業界で経験してきたアナリスト業務や買収交渉を活かして貢献できると考えています。

引用:<異業種からの転職者への質問>良い回答例とNG例【面接対策パーフェクトガイド】|転職ならtype

Q2:これまでの仕事を続けない理由はなんですか?

採用担当者はこの質問で、求職者が入社後に「やっぱり前の仕事が良かった…」とすぐに退職してしまわないか見極めています。

前職の業種の何が不満だったのか、異業種に転職することへの本気度も合わせてチェックしています。

この質問をされた場合、前職の不満だけを伝えがちなのですがそれはNG。

前職の不満だけでは、

「入社したら同じ理由で辞められるのではないか…?」

と採用担当者の不安を招きます。

前職の不満を述べた後には、ネガティブな印象にならないよう、「前職の経験をしたからこそ、自分が本当にしたいことがわかった」などキャリアチェンジの理由をポジティブに締めるといいでしょう。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/05/nisa______-e1634453983982.jpg

私はもともとスマートフォンやPC等の機器を扱うことが好きで、携帯電話の内勤営業に就きました。販売や操作方法の説明、故障への対応といった業務を行ううち、セールスよりも技術的なトラブル対応を行っているときに最も充実感があることに気づき、テクニカルサポートへ転職しようと決意しました。

学生時代に自作PCを組んだ経験がありますが、入社後は御社のPC製品の知識と技術を身に付け、顧客対応の経験と通信機器に関する知識を活かして、御社に貢献したいと考えています。

引用:<異業種からの転職者への質問>良い回答例とNG例【面接対策パーフェクトガイド】|転職ならtype

Q3:仕事で大きな失敗をしたことはありますか?

採用担当者が失敗談を聞く理由は、転職者が「失敗をどう乗り越えたか」を知り、粘り強さやタフさを確認したいからです。

異業種に挑戦することは、イチから覚えることが多く挫折や苦労を人一倍経験することが予想されます。

そのときに、すぐに仕事を投げ出したり、諦めたりしないかをこの質問で見ているのです。

異業種に挑戦する求職者の覚悟を問いています。

この質問を回答するときには、失敗をどう乗り越えたか、そこから何を学んだかを伝えましょう。

https://otona.machikado-career.com/wp-content/uploads/2021/07/20_________________________________________________720-e1626230828729.jpg

イベント企画の際、スケジュールをあらかじめ立てていましたが、実際動き出した際、予定していた業者に発注ができないという事態が起こってしまいました。

その際は、プロジェクト開始前にあらかじめピックアップしていた同業者5社にあらためてヒアリングし、上司やチームメンバーと発注先を決め直しました。その際、それぞれの料金やサービス・特徴などを表にまとめ、自分なりの考察を入れたことで社内の議論が早く進み、大幅なスケジュールの遅れを回避することができました。

そのことから、十分な調査をしてスケジュールを立てることと、不測の事態が出た時も余裕を持って対処できるような時間のゆとりを持つことが大切だと実感しました。


引用:異業種や未経験業界に転職希望の方への質問 | 面接対策

まとめ

質問内容を見てもわかるように、中途採用の面接では、前職の実績や転職先でのキャリアプランなど、新卒採用の面接とは全く異なる質問を投げかけられます。

事前にしっかり準備しないと答えられない質問も多いので、出来る限りの対策や準備を行い面接に臨みましょう。

また質問への回答は、根拠となるエピソードを交えて話すと採用担当者にわかりやすく伝わります。

エピソードを交えて話すには、事前の自己分析が重要なので面接の質問への回答を考える前にするのをおすすめします。

中途採用・キャリア転職の面接で聞かれる質問を事前にチェックし、内定をゲットしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です